オンラインカジノ比較.netでは、初心者におすすめのカジノや、日本語対応、スマホ対応、ゲーム種類など、目的別のおすすめカジノを2019年版最新ランキングで紹介!あなたにぴったりのオンラインカジノが必ず見つかります!

オンラインカジノ比較.net

モバイルカジノ

ベラジョンカジノのバカラで勝てない人へ。攻略法を伝授!

投稿日:

皆さんは、ベラジョンカジノでカジノゲームを楽しくプレイできていますか?
ベラジョンカジノで大人気のカジノゲームといえば、カジノの王様と呼ばれ全世界で親しまれている『バカラ』
バカラはルールが非常にシンプルでカジノ初心者の方でも簡単にプレイすることができるため、ベラジョンカジノでも非常に大人気のカジノゲームとなっています。
そんな大人気のベラジョンカジノでバカラを思いっきり楽しみたい!と思ったら、やはり、バカラでの勝率を上げて利益をたくさん増やすことでしょう。

「ベラジョンカジノのバカラは勝てる?勝てない?勝ち方や攻略法が知りたい!」と思っているあなたへ。

この記事では、Vera&John (ベラジョンカジノ)のバカラで勝つための、バカラの基本戦略カードカウンティングやマネーシステム法についてご紹介していきます。
ベラジョンカジノの大人気バカラで勝率を上げてたくさん利益を増やしていきましょう!

ベラジョンカジノで遊べるバカラの種類については、当サイトで詳しくご紹介していますので、どんなバカラをプレイしたらよいか迷っている方は、以下の記事もご一緒にチェックしてみてください。
→ ベラジョンカジノのバカラの種類とルールを徹底解説!

ベラジョンカジノにまだ登録してない人はこちらからどうぞ。登録するだけで$30もらえる、秘密の入口です!

【重要】バカラの基本戦略を覚える前に、バカラのルールや遊び方を確認しておきましょう!

この記事では、バカラで使える基本戦略「カウンティング」と「マネーシステム」の2つの攻略法(必勝法)をご紹介しますが、特に前者のカウンティングを使う際には、バカラのルールを覚えておくことが非常に重要となっています。確認しておく点は以下の2つです。

  • バカラの数字の数え方
  • バカラで3枚目のカードが配られる条件

まず一つ目に確認しておいてほしい点は、'' バカラの数字の数え方 '' です。
バカラは、PLAYER (プレイヤー)とBANKER (バンカー)に配られたカードのどちらの合計数が「9」または「9に近いか」を予想するゲームです。
バカラで使用されるカードは一般的なトランプカードとなっていますが、トランプカードが持つ数字とは少し特殊な数え方をします。
バカラでは「A」のカードを『1』として数え、「2~9」のカードを『そのままの数』で数え、「10」と「絵札(J、Q、K)」のカードは『10』または『0』として数えます。

そして、次に確認しておいてほしい点は、'' バカラで3枚目のカードが配られる条件 '' です。
バカラは、プレイヤーとバンカーに配られた2枚または3枚のカードの合計数を競い合うゲームとなっています。
初めに、プレイヤーとバンカーにはそれぞれ2枚ずつのカードが配られますが、この時点で勝負の決着がつかなかった場合、3枚目のカードが配られることがあります。
この3枚目のカードは、プレイヤーとバンカーそれぞれのルールに基づいて配られており、バカラの基本戦略「カウンティング」を考察するためには非常に重要です。
カウンティングを使って効率よくベラジョンカジノのバカラで現金を稼ぐためには、上記の2点はしっかりと頭に入れておきましょう。

当サイトでは、バカラの基本ルール(遊び方)について詳しく解説していますので、ルールに不安がある方は以下の記事もご一緒にチェックしてみてください。
→ ベラジョンカジノのバカラの種類とルールを徹底解説!

ベラジョンカジノのバカラは勝てる!勝つために必要な基本戦略「カードカウンティング」

ベラジョンカジノのバカラは勝てない!と思っている方はいませんか?ベラジョンカジノで遊べるバカラは基本戦略さえ身に着けてしまえば、いくらでも勝つことができます。
ここでは、バカラの基本戦略「カードカウンティング」についてご紹介していきたいと思います。

バカラのカードカウンティングとは?カウンティングの仕組みと考え方

バカラの基本戦略として「カードカウンティング」というものがあります。これは、バカラでの勝率を格段に高めることができる有力な攻略法(必勝法)となっています。
では、カードカウンティングとは、いったいどんな戦略なのでしょう?
カードカウンティングは、ゲームに使われたカードを記憶して、シューの中に入っている未使用のカードを予測する行為を示します。

ゲームに使われたカードを記録することで、シューの中のカードが明らかに!

皆さんが普段、バカラのゲームで目にするシュー、この中にはバカラのゲームで使われる未使用のカードが入っています。
ゲームに使うカードはバカラテーブルに置かれたシューの中から1枚ずつ取り出されますが、このシューの中から出されたカード、つまりはゲーム内で使われたカードですね。
この使われたカードは、シューの中には戻されず、必ず破棄されます。つまり、ゲームで使われたカードを記憶しておくことで、シューの中に入っている未使用のカードをある程度予測することができるというわけですね。
例えば、1デッキ(ジョーカーを除く52枚のトランプカード)の中には、A~Kのカードが4枚ずつ入っていますね。この中から、「A」のカードが2枚使われた場合、デッキの中に残っている「A」のカードは残り2枚ということが予測できます。

シューの偏りを見つけて、プレイヤーとバンカーのどちらが有利なのかを判断しよう!

そして、バカラのゲームでは毎回場に出されるカードが決まっているわけではないので、どこかで必ず偏りが起こります。
例えば、画像のようにプレイヤーが極端に勝ち続けている例など。シューの中に残されたカードの偏りを見つけることで、その都度、BANKER (バンカー)またはPLAYER (プレイヤー)のどちらが有利であるかを判断することができます。
バンカーとプレイヤーのどちらが有利かを判断することができれば、自分の思うとおりに勝利数を上げることができますよね^^
ここでは、バカラで主に使われる2種類のカウンティング方法についてご紹介していきますので、ぜひ習得してみてください!

カウンティング方法1.数字ごとに使われたカードを記録

まず初めにご紹介するバカラのカウンティングは、'' 数字ごとに使われたカードを記録 '' していく単純なカウンティング方法です。

バカラはトランプカードを使用して行うカジノゲームとなっており、使われるトランプカードはA~Kまでの数字です。このA~Kまでの数字がそれぞれいくつ使われたかを記録することで、シューの中の残りの数字を割り出すことができます。
このカウンティング方法を使う前に、まずはバカラのゲームでトランプカードがそれぞれ持つ数字がどのように数えられるかを思い出してみましょう。
バカラでは、「A」のカードを『1』、「2~9」のカードを『そのままの数』、「10」「J」「Q」「K」の4枚のカードを『0(10)』として合計数を計算しますよね。
カウンティング方法でカウントする数字は、「A」「2」「3」「4」「5」「6」「7」「8」「9」「0(10)」の10個です。
例えば、ゲームの結果が以下のようになった場合を見てみましょう。

バカラのゲーム結果

この場合、PLAYER (プレイヤー)に配られた3枚のカード「A」「9」「3」、BANKER (バンカー)に配られた2枚のカード「10」「4」となったので、「A」「9」「3」「10」「4」の5枚のカードを記録します。
実際には、メモ用紙か何かに自分が分かるように簡単に記録していくとよいでしょう。

使われた数字をメモ用紙に記入!

ここでご紹介した数字ごとに使われたカードを記録していくカウンティング方法は、だれでも行えるシンプルなカウンティングとなっていますが、手間や時間がかかるため、実践するなら後述のカウンティング方法がおすすめです。
カウンティングとはこんな感じの戦略ですよー!ということを、頭に入れてもらえれば次にご紹介するカウンティングも行いやすいかと思います^^

カウンティング方法2.バンカーとプレイヤーそれぞれに有利なカードを分けて記録

次にご紹介するバカラのカウンティングは、'' バンカーとプレイヤーそれぞれに有利なカードを分けて記録 '' していくカウンティング方法です。

バカラの基本的な遊び方は、PLAYER (プレイヤー)とBANKER (バンカー)のどちらが勝利するかを予測してチップを賭けるものとなりますが、バンカーとプレイヤーにはそれぞれに有利になるカードがあります。
バカラでは、「A」「2」「3」「4」の4枚のカードがプレイヤー側に有利なカードとなっており、「6」「7」「8」「9」「10」「J」「Q」「K」の残りの8枚のカードがバンカー側に有利なカードとなっています。
では、なぜこのそれぞれのカードがプレイヤーとバンカーに有利なのでしょうか?以下で解説します。

プレイヤーが勝ちやすい条件(プレイヤーに有利なカード)

バカラのゲームでプレイヤーが勝ちやすい条件は、'' シューの中に「4」または「4以下」の数字が多く残っている場合 '' です。
シューの中に「4以下」の数字が多く残っている場合、プレイヤーはカードの合計数が「10」を超えてしまうことが少なくなります。つまり、この時プレイヤーは合計数を「9」に近づけることができます。
以下の例を見ていただくとわかるでしょう。例)プレイヤーに配られたカード「K」「4」、バンカーに配られたカード「2」「3」の場合

例えば、プレイヤーに配られた最初の2枚のカードが「K」と「4」の合計数『4』だったとしましょう。この場合、プレイヤーはルールに基づいて3枚目のカードが配られます。この時、シューの中に「4以下」のカードが多く含まれていると、プレイヤーは「10」のカードを引きにくく、「9」に近づけることができますね。

シューの中に「4以下」のカードが多く残っていると、プレイヤーは「9」に近づけやすい!

では、シューの中に「4」以下の数字が多くプレイヤーに有利な場合、バンカーはどうでしょう?
例えば、バンカーに配られた最初の2枚のカードが「2」と「3」の合計数『5』だったとしましょう。この時のプレイヤーのカードの合計数は「4」、バンカーのカードの合計数は「5」となるため、バンカーはルールに基づいてスタンドします。

シューの中に「4以下」のカードが多く残っていると、バンカーは不利になる!

バンカーが勝ちやすい条件(バンカーに有利なカード)

バカラのゲームでバンカーが勝ちやすい条件は、'' シューの中に「6以上」の数字が多く残っている場合 '' です。

シューの中に「6以上」の数字が多く残っている場合、プレイヤーは3枚目のカードを引いた際にカードの合計数が「10」を超えてしまうことが多くなります。つまり、この時プレイヤーは合計数を「9」に近づけることが難しくなり、バンカーに有利な状況となります。
以下の例を見ていただくとわかるでしょう。例)プレイヤーに配られたカード「6」「8」、バンカーに配られたカード「9」「6」の場合

例えば、プレイヤーに配られた最初の2枚のカードが「6」と「8」の合計数『14(4)』だったとしましょう。この場合、プレイヤーはルールに基づいて3枚目のカードが配られますが、シューの中に「6以上」のカードが多く含まれていると、プレイヤーは「9」に近づけることが困難となります。

バンカーが勝ちやすい条件(バンカーに有利なカード)

では、シューの中に「6」以上の数字が多く残っている場合は、どのようにバンカーに有利なのでしょう?
例えば、バンカーに配られた最初の2枚のカードが「9」と「6」の合計数『15(5)』だったとしましょう。この時のプレイヤーのカードの合計数は「4」、バンカーのカードの合計数は「5」となるため、バンカーはルールに基づいてスタンドします。

シューの中に「6以上」のカードが多く残っていると、バンカーは有利になる!

ペアが勝ちやすい条件

バカラのゲームでペアが勝ちやすい条件は、'' シューの中が極端に偏っている場合 '' です。
「1」「2」「3」「4」などの4以下のカードがシューの中に多く含まれている場合、プレイヤーに有利となり、反対に、6以上のカードが多く含まれていた場合はバンカーに有利となりますが、プレイヤーとバンカーに有利なカードが極端に残っている場合は、ペア系の勝率が高くなります。
こういった場合には、バンカーペア、プレイヤーペア、どちらかのペア、パーフェクトペアをそれぞれ使い分けて賭けていきましょう。

カードカウンティングの例(実践編)

では、実際にバンカーとプレイヤーに有利なカードを分けてカウントしていく最も効果的なカウンティング方法を実践していきます。皆さんも一緒に使い方を覚えてみてください^^

バカラテーブルのデッキ数を確認する

バカラのカードカウンティングは、バカラで使用されるカードがいくつ場に出されたかをカウンティングしていく方法です。
まずは、バカラのテーブルで使われるカードのデッキ数を確認しましょう。1デッキは、52枚のトランプカード(ジョーカーを除く)で構成されています。
ベラジョンカジノで遊べるバカラは、6デッキまたは8デッキで行われるゲームが多いですので、ご自身が遊技するバカラテーブルの情報で確認してみてください!

各テーブルでデッキ数を確認します!

6デッキが使われているバカラをプレイする場合は、「1」「2」「3」「4」「5」「6」「7」「8」「9」の数字がそれぞれ24枚、「10(0)」の数字が96枚。
8デッキが使われているバカラをプレイする場合は、「1」「2」「3」「4」「5」「6」「7」「8」「9」の数字がそれぞれ32枚、「10(0)」の数字が128枚使われます。

6デッキまたは8デッキのバカラで使われるカードの枚数を覚えておきましょう!

バカラのカードカウンティングは、デッキ数が少なければ少ないほど、効率よく使用できる攻略法(必勝法)となっています。
ベラジョンカジノのバカラでカードカウンティングを試す際には、極力デッキ数の少ない6デッキ構成のバカラテーブルを探してみてくださいね^^

メモ用紙とペンを用意してカウンティング

プレイヤーに有利な「4以下」のカード(「1」「2」「3」「4」)と、バンカーに有利な「6以上」のカード(「6」「7」「8」「9」「10」「J」「Q」「K」)の中から、ゲームで使われたカードをメモ用紙に記入しましょう。

使われたカードを、プレイヤーに有利なカードとバンカーに有利なカードで分けてカウント!

この画像の場合、シューの中にはプレイヤーに有利な「A」「2」「3」「4」の4以下のカードが多く含まれているということが分かりますね。こういった場合には、バンカーには賭けずに、プレイヤーに賭け金を賭けてゲームを行っていきましょう!

バカラでカードカウンティングを行う前の注意点

ここでは、バカラでカードカウンティングを行う際の注意点を2つご紹介します。

1.カードカウンティングは「ライブバカラ」でのみ実践可能

バカラの基本戦略「カードカウンティング」は、'' ライブカジノでのみ効果が発揮する攻略法(必勝法) '' となっています。
オンラインカジノ(ネットカジノ)で遊べるバカラには、主にライブカジノで遊べるライブバカラと、コンピューター相手に気軽にゲームをプレイできるテーブルゲームのバカラがありますが、テーブルゲームの一般的なバカラは、毎ゲーム時にカードがシャッフルされる仕組みとなっているため、カウンティング法を適用することができません。
バカラで効率よく現金を稼ぎたい!と思う方は、ライブカジノのライブバカラでカードカウンティングを試してみましょう^^

カードカウンティングを実行する際は、ベラジョンカジノのライブバカラで!

2.ランドカジノ(本場のカジノ)ではカウンティング行為は禁止されている

皆さんもご存知の通り、バカラのカードカウンティングは非常に効果の高い攻略法(必勝法)となっています。そのため、ランドカジノ(本場のカジノ施設)ではバカラを含めカードのカウンティング行為は一切禁止されています。
自宅や外出先でメモやペンを使用してカウンティングの記録をとることは何も問題はありませんが、ランドカジノで記録行為を行った場合、見つかり次第、即退場もしくは出入り禁止にさせられてしまいますので、くれぐれもランドカジノでは実践しないようにしてください。

ベラジョンカジノのバカラで使える3つの「マネーシステム法」

皆さんは、「マネーシステム法」はご存知でしょうか?ギャンブル必勝法とも呼ばれているこの戦略は、バカラでの利益や勝率を上げることができる有力な攻略法(必勝法)となっています。
バカラで使えるマネーシステム法は15種類以上存在しますが、ここでは、バカラで使える代表的なマネーシステム法を3つ簡単にご紹介していきます。
マネーシステム法は、前述したバカラの基本戦略「カードカウンティング」と合わせて使用することができますので、ぜひこちらも覚えてみてください^^

1.マーチンゲール法

まず初めにご紹介するマネーシステム法は、マネーシステムの基礎とも言われている有名な戦略「マーチンゲール法」です。

マーチンゲール法を使えば、損失額はあっという間に回収することができます!

マーチンゲール法は、ゲームに負け続けて膨らんだ損失額を一気に回収することができる必勝法となっています。
戦略内容は非常にシンプルなもので、ゲームに負けた場合に直前のゲームで賭けていた金額を2倍にして次のゲームに挑むことで、損失額が回収できるというものになっています。
例えば、1ゲーム目で1ドル賭けてゲームに負けてしまった場合、次のゲームでは1ゲーム目に賭けた金額を2倍にした2ドルの賭け金を、さらに負けてしまった場合、2ゲーム目に賭けた金額を2倍にした4ドルを、、といった形で倍賭けを行っていきます。マーチンゲール法の倍賭け戦略を行っていれば、例え10回連続でゲームに負けてしまっても損失額をすべて回収できるというわけですね。

マーチンゲール法の例

2.パーレー法(逆マーチンゲール法)

次にご紹介するマネーシステム法は、マーチンゲール法と逆の考え方を持つ戦略「パーレー法(逆マーチンゲール法)」です。

パーレー法を使えば、利益をあっという間に増やすことができます!

ゲームに負け続けて膨らんだ損失額を一気に回収するマーチンゲール法とは異なり、パーレー法は、ゲームに勝ち続けているときに利益を増やすことができる必勝法となっています。
戦略内容はマーチンゲール法と同じで非常にシンプルなもので、ゲームに勝った場合に直前のゲームで賭けていた金額を2倍にして次のゲームに挑戦することで、1ゲーム時の利益を格段に増やすことができるというものです。
例えば、1ゲーム目で1ドルを賭けてゲームに勝った場合、次のゲームでは1ゲーム目に賭けた金額を2倍にした2ドル、その次のゲームでは4ドルと、常に倍賭けを行っていくということですね。
勝利時に倍賭けを行うパーレー法を使用することで、短時間で資金を稼ぐことができそうですね^^

パーレー法の例

3.10%法(テンパーセント法)

次にご紹介するマネーシステム法は、長期戦向けの戦略「10%法(テンパーセント法)」です。

10%法を使えば、利益を増やしながら負けた時の損失も抑えることができます!

10%法は、ゲームに勝っているときに利益を増やし、ゲームに負けているときに損失額を抑える万能な攻略法(必勝法)です。
10%法はこれまでご紹介したマーチンゲール法やパーレー法とは異なり、ゲームの勝敗にかかわらず、常に使える資金の10%の金額をゲームの賭け金として賭けていくため、勝利時と敗北時の両方をカバーすることができます。
例えば、100ドルの資金を持っている状態で、1ゲーム目に100ドルの10%の10ドルを賭けてゲームに勝った場合、2ゲーム目では110ドルの10%の11ドルと、ゲームの勝敗にかかわらず、常に資金の10%の金額を賭けていきます。
勝っているときに利益を上げることができるうえ、負けた場合の対策もとることができるので非常に安定感がある戦略ですよね^^

10%法の例

その他のベラジョンカジノのバカラで使えるマネーシステム法

その他にも、ベラジョンカジノのバカラで使用できるマネーシステム法は数多くあります。
基本的には、前述したカードカウンティングと合わせて使うことがおすすめですが、マネーシステム法の中には使い方が難しいものもありますので、上記で説明したマーチンゲール法、パーレー法(逆マーチンゲール法)、10%法(テンパーセント法)などの使いやすい攻略法(必勝法)から試してみてくださいね^^

  • グランマーチンゲール法
  • 3倍マーチンゲール法
  • モンテカルロ法
  • ウィナーズ投資法
  • 2in1法
  • グランパーレー法
  • グッドマン法(1235法)
  • バーネット法(1326法)
  • 31システム投資法
  • ハーフストップ法
  • イーストコーストプログレッション法
  • ピラミッド法(ダランベール法)
  • 10ユニット法
  • オスカーズグラインド法
  • ラブシェール法

まとめ

今回は、Vera&John (ベラジョンカジノ)のバカラで使える攻略法(必勝法)「カードカウンティング」「マネーシステム法」についてご紹介しました。
バカラは、ルールが非常にわかりやすく、ゲームもスピーディーに進行していくため、世界中でも大人気のカジノゲームとなっています。もちろん、ベラジョンカジノでも数多くのバカラゲームを楽しむことができます。
バカラは基本の戦略さえ身に着けてしまえば、勝率や利益を高めることができますので、「ベラジョンカジノのバカラで勝てない!」と思う方は、ぜひ、カードカウンティングとマネーシステム法を試してみてください^^

ベラジョンカジノで遊べるバカラの種類については、当サイトで詳しくご紹介しています。それぞれのバカラの特徴をよくみて、お好きなバカラでカードカウンティングやマネーシステムを試してみてください^^
→ ベラジョンカジノのバカラの種類とルールを徹底解説!

こちらの記事も人気です!

1

オンラインカジノ業界の中でも、ズバ抜けた人気を誇るカジノサイト「Vera&John(ベラジョンカジノ)」。 2010年に、日本語対応のカジノサイトの中で初のスマホ対応となったベラジョンカジノ、 ...

2

インターネット上で現金を賭けて遊べる新感覚のオンラインカジノサイト「KACHIDOKI(カチドキ)」。 オンラインカジノサイトと言えば、バカラ、ルーレット、ブラックジャックなど、海外のランドカジノ(カ ...

3

本格的なカジノゲームをリアルに体験したいなら「PAIZA CASINO(パイザ カジノ)」がおすすめです。 パイザカジノは特にライブカジノに力を入れているカジノサイトとなっているため、ライブ会場の種類 ...

-モバイルカジノ